本文へスキップ

内科・胃腸内科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-237-3378

〒514-0826 三重県津市野田778-1

診療方針

診療に当たって心がけること

@患者さんが困っていること、心配している事が解消するよう心がけます

健康、医学にはたくさんの情報がありますが、そのすべてを患者さんに押し付けるのではなく、優先順位をつけて問題解決ができれば、患者さんが主人公の医療ができると考えています。


Aガイドラインに基づいた診療を中心にして、一人一人に合わせた治療を心がけます。

疫学や統計などによる「ヒト」に対する医学的な知見は診療をする上で基本となります。その基本的知見に基づき患者さんという一人一人が違う「人」にあわせた診療が大事だと考えています。


B病院や他の診療所としっかり連携をとるよう心がけます。

診療所では行えない検査、専門的な診療、入院治療は病院と緊密に連携をとりたいと考えています。また他科の診療を受けてみえる場合はそれらを把握した上で総合的な診療を心掛けます。


         

各種施設基準、特掲診療料についての掲示

〇外来感染対策向上加算に関するご案内
 当院は受診歴の有無にかかわらず発熱患者等の対応が可能です。発熱等の場合は直接来院せず、まずは電話で問い合わせをしてください。

当院は、院内感染防止対策として、必要に応じて次のような取組を行っています

・感染管理者である院長が中心となり、従業者全員で院内感染対策を推進します。
・院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に、研修会を年2回実施します。
・感染性の高い疾患(インフルエンザや新型コロナウイルス感染症など)が疑われる場合は、一般診療の方と導線を分けた診療スペースを確保して対応します。
・標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成し、従業員全員がそれに沿って院内感染対策を推進していきます。
・感染対策に関して基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。


〇医療DX推進体制整備加算についてのご案内
 当院は医療 DX 推進の体制に関する事項及び質の高い診療を実施するための十分な情報を取得し、及び活用して診療を行います

〇医療DX推進体制整備加算に関するご案内
当院はオンライン資格確認を行う体制を有しています。
当院は患者に対し、受診歴、薬剤情報、特定健診情報その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行います。

〇一般名処方加算に関するご案内
当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。
現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。

 当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方(一般的な名称により処方箋を発行すること※)を行う場合があります。一般名処方によって特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な医薬品が提供しやすくなります。
一般名処方について、ご不明な点などがありましたら当院職員までご相談ください。
ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 ※一般名処方とは
お薬の「商品名」ではなく、「有効成分」を処方せんに記載することです。そうすることで供給不足のお薬であっても有効成分が同じ複数のお薬が選択でき、患者様に必要なお薬が提供しやすくなります。

〇情報通信機器を用いた診療に関するご案内
情報通信機器を用いた診療の初診の場合には向精神薬を処方できません。

〇在宅医療情報連携加算(在医総管・施設総管・在宅がん医療総合診療料)に関するご案内
当院は患者の診療情報等について、連携する関係機関とICTを用いて共有し、常に確認できる体制を有しています。
患者の情報を共有している実績のある連携機関 津生協病院 つばめ薬局 なでしこ とのむら ほたるみえ

〇地域包括加算に関するご案内
・当院は健康相談及び予防接種に係る相談を実施しています。
・当院は介護介護支援専門員及び相談支援専門員からの相談に適切に対応します。
・当院は患者の状態に応じ、28日以上の長期投薬を行うことまたはリフィル処方箋を交付することが可能です。
・当院は介護保険制度の利用等に関わる相談に応じています。

〇機能強化加算についてのご案内
当院ではかかりつけ医として以下の対応を行っています。
・健康診断の結果などの健康管理に係る相談
・保険、福祉サービスに関する相談
・夜間休日の問い合わせ
・必要に応じ専門医や専門医療機関への紹介
・受診している他の医療機関や処方されている薬の確認、管理
※三重県の「医療機能情報提供制度」のホームページで地域の医療機関が検索できます。
inserted by FC2 system