本文へスキップ

内科・胃腸内科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.059-237-3378

〒514-0826 三重県津市野田778-1

院内設備

施設のご案内


院内設
★待合室

院内設
★受付窓口

院内設
★待合室での順番表示をしています。待ち時間のおおよその目安にしてください



検査機器について

機器写真
★胃カメラ

 胃カメラを行っている間にも患者さんの目の前にあるテレビモニターで様子をみることができます。
 検査結果は検査終了後にも画面を見ながら説明をさせていただいております。
 経鼻内視鏡(鼻カメラ)を導入しています。
 口からのカメラが苦手な方は鼻カメラをお勧めします


機器写真
 ’18.12 最新の胃カメラを導入しました。
経鼻カメラ 経口カメラともさらに画像が鮮明になり、また画像強調機能を用いることによって病変を発見しやすくなりました。



胃カメラをお受けになる方へ

・当日はタオルを一枚持参してください。
・前日は夕食はあまり食べ過ぎないでください。
・夜9時以降は絶食です。お薬や少量の水分は構いません。
・当日は朝食は食べないでください。少量の水分は構いません。
・お薬は医師の指示に従ってください。


機器写真
★緊急採血(白血球数、赤血球数、血小板数、CRP)

病気の重症度や貧血がその場で分かります。

機器写真
★19.09 院内生化学分析装置を導入致しました。
 これまで大きな病院でしか行えなかった検査を、院内で当日中に行えるようになりました。
 肝機能、腎機能、膵臓酵素、心筋酵素、電解質(ミネラル)などの検査が可能です。
 腹痛、胸痛などの急性疾患の患者さんの診療をより正確に行うことができ、緊急性の判断がしやすくなりました

機器写真
★PT−INR測定器

ワーファリンの有効性をその場で診断できます。

機器写真
★HbA1c,脂質測定器

院内で糖尿病検査(Hb A1c)と脂質検査(コレステロール、中性脂肪)ができるようになりました。
当日に検査結果をご説明して治療に反映させることができます。
機器写真
★インフルエンザ迅速検査

 鼻腔粘液を採取し、その場で診断できます。
 ’16.01 高感度の検査機器を導入しました。
 これまで困難であった発症早期のインフルエンザ 診断が可能になりました
機器写真
★ラピチェック(H-FABP)

心筋梗塞や不安定狭心症の簡易検査です。
重大な心臓の病気を見逃さないための検査です。
機器写真
★溶連菌検査  

扁桃炎の主な原因菌であるA群β溶連菌を その場ですぐに調べる事ができる検査です。
機器写真
★ノロウィルス検査  

ノロウィルスをその場ですぐに調べる事ができる検査です。
便や直腸便から検査を行います。
※基礎疾患のない3歳-64歳の方は保険適応外となります。 予めご了承ください。
機器写真
★マイコプラズマ抗原検査

 肺炎、急性気管支炎、長引く咳の原因であるマイコプラズマをその場ですぐに調べる事ができる検査です。
 従来よく行われていた抗体検査よりも正確に診断し、適切な抗生剤を使うことができます。
 高感度検査が可能になり、より正確な診断ができるようになりました。

機器写真
★レントゲン

機器写真
★デジタルレントゲンを導入しています。

現像の必要がないので撮影後すぐにご説明できます。
機器写真
画像処理が行えることによって診断能力が向上しました。

機器写真
★心電図
その他に往診用のポータブル心電図もあります。

機器写真 ★ホルター心電図

携帯心電計の貸し出しをしています。
動悸、不整脈、胸痛などが起こった際に胸にあて記録します。
機器写真
★血圧脈波検査装置 

手足の血圧の同時測定により、血圧の左右差や下肢閉塞性動脈硬化症の診断をします。
また脈波伝播速度(baPWV)を測定し血管のしなやかさ(血管年齢)を測定します。
機器写真
★腹部エコー

肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱、前立腺などお腹の臓器の様子を調べる事ができます。
心臓、頚動脈、甲状腺や足の血管も調べる事ができます。
機器写真
エコーに患者さん用モニターを増設しました。 検査中にエコーの画面を一緒に見ていただけます。
機器写真
★呼吸機能測定

肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患や気管支喘息の評価ができます。
肺年齢測定が可能になりました H23.1〜
機器写真
★ 睡眠ポリグラフィー

睡眠時無呼吸症侯群の簡易検査です。
ご自宅で夜間で装着し睡眠時無呼吸を見つけます。
機器写真
★骨密度測定

レントゲンを用いた骨密度測定が可能になりました。
デジタルレントゲンですので、結果をすぐにご説明できます。
骨粗鬆症の診断ができます。
機器写真
★呼気中一酸化炭素濃度測定器

喫煙の影響を調べることができます。
禁煙治療の際に用います。
inserted by FC2 system